夫は夫なりに傷ついていた、という話

私は早発閉経で低AMHという、めっちゃアウェー状態で不妊治療に取り組んできました。

基本的に卵がありません(苦笑)

ないものを取ろうとするこのつらさよ😅

あの手この手で採卵を目指す

それでも、私の行っていたクリニック(ローズレディースクリニック)では、あの手この手でなんとか卵を育て、採卵を目指してくれます。

なじみのない方にはよくわからないと思いますが、早期閉経だと基本的にE2(女性ホルモン)が限りなく0に近くなり、FSH(卵胞刺激ホルモン)が暴走してなんにもしないと平気で100を越えてきます。

いわゆる更年期状態です。

この頃、よく汗をかくようになって、私って代謝がいいな〜と思ってたら更年期症状でした😅

E2上がらず・・・

毎回の診察で採血結果が小さな紙に一覧になって出てきますよね。

いつも私は先生がその紙を差し出すと、パッとE2を見ます。

一瞬で結果がわかります。

だいたいのたのたと横ばいする数字しか見つけられません(涙)

E2が上がってこないということは卵が育っていないということ。

期待しないようにしていても、

毎回毎回、自分の体に対する失望を味わいました。

帰り道は泣いて帰る

お会計を終え、駅までの帰り道、夫に電話します。

数値ダメだった・・・

そか・・・

きっと夫は何の数値かまったくわかってなかったと思います。

でも「何かが徹底的にダメらしい」というのだけは理解してました。

そしてこの数値に私が一喜一憂することも。

夫は元来寡黙な人ですから、「大丈夫だよ」とか「元気だしなよ」といったことはあまり言いません。

ただ、

早く帰っておいで、とか

帰り道気を付けてね、とか

とてもシンプルな言葉をかけてくるもんだから、

その言葉がじんわり胸に響いてきて、

ぽろりぽろりと涙を流しながらよく駅まで歩きました。

ただ落ち込んでいたわけではなかった

その間、ただ落ち込んでいたのではなくて、なんとか数値がよくなるようにと、やれることはなんでもやりました。

漢方はじめ、体にいいと思われることはなんでも。

これはこの記事を読んでいるフォロワーさんもそうですよね😅

サプリも飲んだし、体も動かしたし、夜も早く寝るようにしたし、食生活もめっちゃ気をつけたし。

伊勢神宮や出雲大社、出張で地方に行けば最寄りの神社など、神頼みもたくさんしました。

子宝の湯にも行きました。

怪しいところでは、知り合いの沖縄の霊媒師に連絡して、祈祷を頼んだこともあります(笑)

願いが叶う秘伝ノートもつけた

あと怪しいシリーズとしては、毎日「息を止めてノートに願い事を書く」というのもやりました(笑)

これを寝る前に100日間続ける。

そうすると夢が叶うと本に書いてあったから、やってみたんです。(もちろん夢は妊娠と出産!)

↓この本です。

3つの願いを1つにつき3行ずつ、全9行書き終えるまで息を止めます。

毎晩、書き終えてからハァハァし、それで「さて寝るか」とやっていたんです(笑)

今考えると信じられないけど、この100日のサイクルを2回もやってます、私。

「1日も休まずに100日続けないと願いが叶わない」とあったので、1日も休まずに毎日やりました!

100日といえば3ヶ月。

これで子どもを授かれるならどーってことない、という気持ちでした。

まさに、藁にもすがる思い、ですね。

夫に同情されました

先日部屋を整理していたらこのノートが出てきたので、夫に、

知ってる? 私、このノートつけてたの

願い事がかなった前提で、過去形で書くんだよ

なんと、夫はぜんぜん気づいていませんでした😳

横で私があんなにハァハァしてたのに(笑)

で、なんて書いてたの?

43歳で妊娠・出産しましたって

そうしたらすごく寂しそうな顔して、ひとこと、

かなわなかったねって

なんか、とても私に同情したようでした。

そんなつもりで話したんじゃなかったんですけどね😅

私に同情したというのもあるけど、きっと、夫にとっても子どもができなかったのは無念なんだろうなーと思いました。

テレビのチャンネルを変える夫

夫はテレビを見ていて、妊婦さんや小さな赤ちゃんを抱いたお母さんが出てくると、

変える?

と聞いてきます。

早発閉経とわかった暗黒時代にあまりに私が泣いて過ごしていたもんだから、今でもそのときの印象が強いんだと思います。

(確かに胸はチクンとするけど、そんなに毎回気を遣ってもらわなくても大丈夫なんですけどね)

おそらく7割は私のため、でも、きっと3割は自分のため

だって、ときどき「変える?」という疑問系じゃなくて「変えるね」というときもあるし、

「小さな女の子とお父さん」みたいなときは、何も言わないで変えるもの。

夫は夫なりに、傷ついている

あるとき、ご飯食べ終わってリビングでくつろいでいるときに、なんでこういう話題になったのか忘れちゃったけど、私が

フォロワーさんでドクターから酷い言われ方して傷ついてる人たくさんいるんだよ

と言ったら、夫が、

オレたちも二人とも傷ついたよね

とぼそっとひとこと。

うん、そうだね・・・

とふたりでしみじみしちゃいました。

たぶん、このときのことですね。

【不妊治療で大喧嘩】夫婦2人で初めてクリニックに行った日に史上最大の喧嘩をしました

2019.01.18

夫は夫なりに傷ついているんですね。

最後に

最近、夫が

これからオレたちどうやって暮らしていくのがベストなのかなー

とつぶやくことが増えました。

どこに住みたいか、そのときどんなことをしていたいか、そのときの家族構成はどうなのか。

これは一日二日で答えが出るものではないので、夫婦でゆっくり話し合っていこうと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

LINE@はじめました!

「おもしろかった!」
「私の場合はこんなでした!」
「さな吉さん、文章長いっす!」

など感想ございましたら、LINE@を登録していただき、ぜひ直接メッセージ送ってください。

必ず返信します(^o^)
友だち追加

リツイートやいいねで応援してもらえたら嬉しいです💕

ランキングにも参加しています。共感する部分がありましたらクリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ

↓↓↓下のお知らせもよかったらご覧ください☺↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です